引越し 難民

引越し難民問題

引越し 難民

 

最近、「引越し難民」という言葉が社会問題となっています。
引越しをしたいのに、引越し作業を引き受けてくれる引越し業者が見つからない人のことです。

 

引越し業者が仕事を請け負えなくなった背景は、慢性的な人手不足とトラック運転手不足があります。
引越し業者の仕事は体力勝負でキツイというイメージがあり、人手が不足しつつあります。

 

さらに少し前にあった大手宅配業者の運賃値上げで、日本の物流は大きく変化しました。
この影響でトラック運転手が各業界で奪い合い状態となり、トラック運転手も不足しています。

 

もし引越し難民になってしまったら、この時期をずらして引越しできないかも検討してみましょう。

 

まずは必要最低限のものだけを持って引越しをして、繁忙期を超えてから家財を運ぶなどの方法もあります。
ほかにも引越し先で家財を一式買い揃えるという方法もあります。

 

とにかく繁忙期に引っ越し業者が見つからないということを想定しておきましょう。