引越し 悪天候

引越しと悪天候のとき

引越し 悪天候

 

近年、日本では災害が多いと感じませんか?
夏場には大型台風、冬場には記録的な大雪で、大きな被害を被ることもあります。

 

もしも引越し当日に、これらの自然災害が当たったら引越し作業はどうなるのでしょう?

 

日本には梅雨や秋雨で雨が多いので、引越し業者は雨の中での引越し作業にも慣れています。

 

荷物には雨除けのカバーをかけたり、もし濡れたらこまめに拭いたり、家の中に防水シートを敷いたり、靴下の替えを多めに持っていくなどの対策をするそうです。
しかし完全な防水下での作業は無理なので、雨に弱い革製品などは梱包の際にビニール袋に入れるなどの雨対策をしてください。

 

さて引越し日と大型台風や記録的大雪が当たる時は、依頼者やスタッフの命にかかわる問題なので中止や延期することもありえます。
引越しの1週間前くらいになったら、週間天気予報で台風や大雪の情報を見ておきましょう。

 

そして万が一引越し当日に悪天候が当たりそうなら、すぐに引越し業者に連絡して対応を協議しましょう。

 

引越し時間を変更する、延期、中止、様子を見て決行するなど、対応はいろいろありますが、いずれを選ぶにしてもどちらかの意見だけでは決められません。

 

引越しの前日と当日のキャンセルにはキャンセル料がかかることもあるので、余裕を持って連絡を入れておきましょう。