引越し 目安 料金

引越しの目安料金を簡単に確認できます!

引越し 目安

引越し 相場

引越し 比較

引越し 最安値

引越し 目安 安い

 

引越しの費用は安いほうが嬉しい。みなさんそう思うことでしょう。
しかし、実際いくら位かかるのか分からないので目安を知りたいと思いませんか?

 

インターネットの時代、自分の引越し料金がいくらなのか調べるのは簡単だと思うでしょう。
しかし実際は、引越し費用は運びたい荷物の量、移動する距離、そして物件の階数やエレベーターの有無によって料金がかわります。
あなたと同じ条件の人を探すことはほぼ不可能であり、調べてもあまり意味がないのです。

 

自分自身の引越し料金の目安を知りたいなら、複数の引越し会社から見積もりを取るしか方法はありません。
しかし何度も会社に連絡して見積もりを依頼する必要はありません。

 

今は引越し業者一括見積もりがあるからです。

 

引越し 費用 目安

 

運んで欲しい荷物の種類や量、移動する場所、物件にエレベーターの有無などの情報を順番に入力するだけで最大10社から見積もりを取ることができるのです。
これだけで自分の引越しの目安はわかりますし、一番安い引越し業者も簡単に見つけることができるのです。

 

しかし、引越しは料金だけでなくサービス、対応の早さなども重要です。これらの比較もして最終的にどこに依頼するか決めると良いと思います。
引越し業者一括見積もりは、大手から地元の小さな引越し業者まで200社以上が参加しています。
ぜひご活用ください。

 

 

他にもいろいろな一括見積もりサイトがあります。

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

 

引越し業者が1番忙しい時期

 

引越し繁忙期

 

引越し業者が一番忙しい時期を繁忙期と言います。
引越しの繁忙期は3月前後のことで、この時期は大学受験に合格した大学生や新社会人が、4月の新学期のために一斉に移動する時期なのです。

 

ですから、どこの引越し業者も猫の手も借りたいほど忙しい時期であり、引越し準備が遅いと業者が見つからないなんてこともあり得るのです。
繁忙期に引越しされる方は、新居の住所がわかったらすぐに引越し業者に見積もりを依頼して契約しておきましょう。

 

もし繁忙期でなくてもいいなら、他の月に引越しすることをお勧めします。
繁忙期は引越し業者もスタッフを増員して備えたりするので、他の月よりも費用が高めに設定されています。
引越し料金を抑えたいなら、繁忙期は避けてくださいね。

 

 

引越し料金を安くする方法

 

引越し 安く

 

できれば引越し費用は安い方が嬉しいですね。
一括見積もりをすれば、相場も分かりますし一番安い引越し業者を見つけることもできます。

 

しかしもっと引越し費用を安くしたいのであれば、一括見積もりに申し込む前に引越し条件を変えてみませんか?
条件を変えられるものがあれば、もっと費用を安くすることができるかもしれませんよ。

 

まずは、できるだけ3月の引越しは避けてください。
3月は引越し業者の繁忙期ですから、引越し費用を安くすることが出来ません。
もし3月に引越ししなければならないなら、最低限のものだけを持って4月に変えられないかなど検討してみましょう。

 

そして土日祝日、月末月初め、大安などは仕事を休まずに引越しができるので、人気があるため引越し費用が安くなりません。
狙い目は平日です。
平日の引越しは土日祝日よりも、割引される可能性が高くなります。

 

また午前引越しと午後引越しなら、午後引越しの方が費用が安くなります。
みなさん朝から引越し作業を始めて、夜には落ち着きたいと思いますから午後からの引越しには人気がないのです。

 

それに午後からの引越しは、前の人の引越しが長引いたり道路状況によって予定よりも大幅に遅れることがあります。
時間と気持ちに余裕がないと、午後からの引越しはできません。
その分、割引されるチャンスが高いので費用面で言うとオススメです。

 

あとは引越し業者に時間をお任せするフリー便も費用が安くなるのでオススメです。

 

 

引越しにかかる初期の費用とは?

 

引越し 初期費用

 

引越しをするときはいろいろとお金がかかります。
中でも大きな金額がかかるものは、引越し代と物件の契約料ではないでしょうか。

 

マンションやアパートを初めて借りるという方は、入居時にかかる費用についてよくわからないと思いますのでどんな名目のお金なのか説明しておきますね。

 

賃貸物件を契約する際にかかる費用としては、敷金・礼金・家賃2〜3か月分・仲介手数料・火災保険・連帯保証会社利用費用・カギの交換費用などがかかります。

 

敷金は物件を退去する際に汚れた壁紙などを補修する費用で、入居時に貸主に預ける形になっています。
家賃を滞納して夜逃げしてしまう人もいますので、入居時に敷金を集めるのが一般的のようです。

 

しかし部屋を綺麗に使っていて退去時に特に問題がなければ使わなかったお金は返還されることもあります。
契約内容によっては一部または全額を返還しないことになっている場合もありますので、先に契約書をしっかり確認しましょう。

 

礼金は貸主へのお礼として昔から慣習的に支払われていたものです。
ただ最近は礼金ゼロという物件もあり、部屋を探している人が少しでも入りやすくするために礼金をゼロにしている貸主さんもいるようです。

 

さらに物件によっては2か月分、3か月分の家賃を先払いを求める貸主もいます。
家賃の滞納が社会問題となっていますので、ちゃんと貯金があって家賃を支払う能力がある人かどうか確認する意味合いもあります。

 

逆に1か月フリーレントといって、1か月分の家賃が無料ですからぜひうちの物件にお入りくださいという貸主もおり、考え方は人それぞれですね。

 

仲介手数料は物件を紹介してくれた不動産会社に支払う費用です。家賃1カ月分だったり、家賃の数パーセントだったりと会社によって決まっていますので確認しておきましょう。

 

昔は賃貸契約の際に連帯保証人として親の名前などを契約書にサインさせたりしたものですが、最近はひとり親や一人っ子、親戚付き合いの希薄さなどいろいろな事情があって、連帯保証人を用意できない人が増えました。

 

そこで連帯保証会社利用費用を支払って保証会社に依頼するのが主流になりつつあります。

 

賃貸物件は集合住宅なので、必ず火災保険に加入させられます。
なぜなら例えば隣部屋の方が火元で火災が起こった場合でも、自分が火災保険に加入していなければ相手に賠償を請求することはできないのです。火事はお互い様なので自分で備えなければならないのです。 火災保険の加入は必須です。

 

物件に入居する際に鍵の交換を行いましょう。
前の住人がスペアキーを作っていた場合、すべてが変換されたのかは不明です。
やはり他人が自分の家のカギを持っている可能性があるのは気持ちのいいものではありませんものね。
費用は1.5〜2万円くらいです。

 

契約時にかかる費用は物件を扱う不動産会社や貸主さんの考え方によってかなり差があります。
契約する前にしっかり確認しましょう。

 

 

引越しと近所への挨拶

 

引越し 挨拶

 

引越ししたら、ご近所さんのところに挨拶に行きましょう。

 

一番最初に行かなければ、そのまま何年も過ごすことになります。

 

引越しの挨拶は当日か翌日に行ってくださいね。
早いような気もしますが、それが一般的なのだそうです。

 

なぜなら引越し作業でトラックが道路を塞いだり、引越しスタッフの足音が響いてしまうことがあるので、申し訳ありませんという謝意も込められています。

 

挨拶のタイミングを逃すと行くのが面倒になります。
それに駐車場や道路でバッタリ会ってしまうと、より一層行きにくくなってしまうのです。

 

ご近所と言ってもたくさんありますね。どこのお宅まで行けばいいのでしょう?

 

マンションなら上下左右の部屋の方に、一軒家なら向こう3軒両隣に挨拶しましょう。
あとは管理人さんや大家さん、一軒家の場合は自治会長さんにも挨拶しておくと良いですね。

 

挨拶には手ぶらで行かれる方もいますが、初対面なので簡単な手土産を用意すると行きやすいですよ。

 

手土産は高価である必要はなく、お菓子・お茶・タオル・洗剤などの消耗品で500〜1000円くらいのものがオススメです。
引越し日までに買い揃えておきましょう。

 

 

引越し業者の有料オプションサービス

 

引越し業者には有料のオプションサービスというのがあります。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管

 

エアコンの移設を自分で手配すると、引越し前に取り外して引越し後に取り付けを依頼しなければならないため面倒なのです。
オプションで「エアコンの移設」をお願いしておけば、引越し業者が代理でやってくれるので便利です。

 

ほかにも長距離の運転が苦手な方には車の陸送サービス。

 

ピアノをお持ちの方にはピアノの運搬、調律のサービス。

 

今どきなのが盗聴器を探すオプションを行っているところもあるそうです。
どんなサービスが必要なのかも業者を決める目安になりますね。

 

 

引越しと粗大ゴミ

 

引越し 粗大ごみ

 

粗大ごみの定義は、一辺が50cm以上、もしくは重さが10kg以上あるものです。
家の中に大きかったり、重かったりして、長年放置されているものはありませんか?

 

引越しはそれらを処分するのにちょうど良い機会です。
まず家電リサイクル法で定められた家電でないか確認してください。

 

家電リサイクル法で定められた家電というのはエアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機で、これらを処分したいときは家電を購入した家電量販店か新しく買い替えをする家電量販店でのリサイクルが必要です

 

そしてリサイクルにはリサイクル料がかかります。
もし家電をネットで買った場合や、近くにお店がない場合、すでに廃業している場合など困った時は、お住いの自治体nリサイクルセンターに相談してみましょう。

 

では、粗大ごみはどうやって廃棄すればいいのでしょう?
粗大ごみを廃棄する方法はA:回収に来てもらう(有料)、B:自分で持って行く(無料)という2つの方法があります。

 

Aの方法は、まず粗大ごみ処理施設に電話をして回収してもらえる日を予約します。
その後、コンビニやスーパーで販売している粗大ごみシールを買います。

 

このシールを粗大ごみに貼って、指定の時間に指定場所に置いておけば回収業者が回収に来てくれます。
シールは回収手数料なので、粗大ごみ1個につき1枚必要です。

 

Bの自分で持って行く場合でも、まずは粗大ごみ処理施設電話で予約します。
捨てたい物の名前を聞かれますので、言い忘れのないように先にメモを作っておきましょう。

 

あとは指定された時間に処理施設に持って行くだけです。
身分証を確認後、車の計量、粗大ごみを廃棄したのち、再び車の計量をして廃棄された粗大ごみの量を計算します。

 

このとき、粗大ごみの重さが100kgを超える場合は、手数料がかかることがあります。
この場合はごみシールは必要ありません。